カーボンニュートラルの実現に向けたSUPER FORMULAでのグリーン電力導入について
-日本レースプロモーション・東京電力エナジーパートナー・日本自然エネルギーがパートナーシップを締結-

2022年4月6日
株式会社日本レースプロモーション
東京電力エナジーパートナー株式会社
日本自然エネルギー株式会社

 全日本スーパーフォーミュラ選手権*1(以下SUPER FORMULA)を開催する株式会社日本レースプロモーション(以下JRP、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:上野 禎久)は、2022年以降のSUPER FORMULAのレース開催におけるサーキットの使用電力のカーボンニュートラル化に向け、東京電力エナジーパートナー株式会社(以下東電EP、本社:東京都中央区、代表取締役社長:秋本 展秀)及び東電EPの子会社である日本自然エネルギー株式会社(以下JNE、本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤 圭輝)の2社と、4月1日付でパートナーシップを締結いたしました。

 JRPは昨年10月25日に、2022年以降のサステナブルなモータースポーツ業界づくりを目的としたプロジェクト 『SUPER FORMULA NEXT50〈ゴー〉(以下SF NEXT50)』を通じ、「モビリティにおけるカーボンニュートラルの実現」を推進することを発表しましたが、車両以外の面でもカーボンニュートラルの実現に向けてできる取り組みの一つとして、東電EP及びJNE(以下、東電グループ)が提供するグリーン電力証書システム*2を活用することで、大会期間中のサーキットの使用電力相当のグリーン電力化を支援してまいります。

 まずは、4月9日(土)・10日(日)に開幕戦を迎える富士スピードウェイにおける大会2日間の使用電力に相当する約12,000kWhのグリーン電力証書を発行することにより、CO2排出量を約5,300kg-CO2削減いたします。
 その後の大会においても、段階的に各サーキットにおけるグリーン電力化の支援をJRP・東電グループ一体となって取り組んでまいります。また、東電グループでは、グリーン電力証書システムの他にも、お客さまのカーボンニュートラルに関するお困りごとへのサポートを実施しており、引き続き、各サーキット独自のカーボンニュートラルに向けた取り組みと連携することにより、モータースポーツ業界全体でその輪を広げてまいります。

(グリーン電力証書に用いられるGreen Powerマーク)
(グリーン電力証書に用いられるGreen Powerマーク)

(グリーン電力証書に用いられるGreen Powerマーク)

 JRPは、サステナブルなモータースポーツ業界づくりに貢献するために、また、SUPER FORMULAが日本から世界に代表されるレースとして成長するために、『SF NEXT50』の活動を通じ、多くのパートナー、ファンの皆さまと共に、これからの社会に求められるモータースポーツを模索してまいります。
 いよいよ今週末4月9日(土)・10日(日)に開幕する2022年シーズンのSUPER FORMULAに是非ともご期待ください。

SUPER FORMULA NEXT50パートナーシップの目指す姿

  • *1:

    全日本スーパーフォーミュラ選手権
    日本のみならずアジア圏の最高峰に位置するフォーミュラカーによるレースのシリーズ(選手権)です。

  • *2:

    グリーン電力証書システムについて
    再生可能エネルギーにより発電された環境価値を、第三者認証機関(一般財団法人日本品質保証機構)の認証を得て、「グリーン電力証書」というかたちで取引する仕組みです。グリーン電力証書により、現在の電力供給を維持しつつ、グリーン電力を利用しているとみなすことができます。

(グリーン電力証書発行までのスキーム図)

(グリーン電力証書発行までのスキーム図)

SUPER FORMULA NEXT50はパートナー企業の皆様と共に推進しています。

以 上

ページの先頭へ戻ります

  1. HOME
  2. プレスリリース・お知らせ
  3. プレスリリース
  4. プレスリリース2022年一覧
  5. カーボンニュートラルの実現に向けたSUPER FORMULAでのグリーン電力導入について
    -日本レースプロモーション・東京電力エナジーパートナー・日本自然エネルギーがパートナーシップを締結-