トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2015年 > 福島第一原子力発電所におけるH3エリアB2タンク基礎部の水溜まり発見について

報道関係各位一斉メール 2015年

福島第一原子力発電所におけるH3エリアB2タンク基礎部の水溜まり発見について

2015年5月1日
東京電力株式会社

 本日(5月1日)午前9時30分頃、H3タンクエリアのB2タンクの基礎部に水溜まりがあることをパトロール中の協力企業作業員が発見しました。

 当該水溜まりは当該タンクから漏えいした水と推定され、水溜まりの範囲については、約20㎝×約20㎝であり、堰外への漏えいはありません。

 午前11時現在、当該水溜まり範囲の拡大はありません。
 H3-B2タンクに貯蔵されている水は、RO濃縮水です。

 当該水溜まりについては、拡大防止処置(土嚢および吸着マットの設置)を行っています。
 今後、準備が整い次第、H3-B2タンクに貯蔵しているRO濃縮水を多核種除去設備に移送します。

 なお、当該水溜まり箇所の70μm線量当量率測定結果は、以下の通りです。
 ・H3-B2タンク基礎部
  (5cm距離※1) 70μm線量当量率(ベータ線)    70mSv/h
  (5cm距離※1) 1cm線量当量率(ガンマ線)    0.06mSv/h
※1:高線量率箇所から5cm離れた位置

 今後、当該タンクの監視強化を行います。

 H3タンクエリアの位置については2015年4月13日に公表した資料pdf116ページをご覧下さい。
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l150413_19-j.pdf

 

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします