トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)A系の処理停止について(続報)

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)A系の処理停止について(続報)

平成26年3月27日
東京電力株式会社

 多核種除去設備(ALPS)A系のブースターポンプ1の出口側で採取した水が白濁していたことに関する続報です。

 系統水の分析結果については、以下の通りです。
  [3月27日採水]
 ・A系の系統出口水:全ベータ 5.0×10^2 Bq/L
 ・C系の系統出口水:全ベータ 2.7×10^2 Bq/L

 A系の系統出口水の全ベータの値は、昨日(3/26)の分析結果(2.0×10^2 Bq/L)と比較しても、通常の変動の範囲内でした。

 現場を調査したところ、A系の一部のクロスフローフィルタ(CFF)出口水において、白濁が確認されており、クロスフローフィルタから炭酸塩スラリーが透過している可能性があることから、引き続き原因調査を行います。

 なお、現在処理運転中のC系の系統水については、白濁は確認されておりません。

 

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします