トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2014年 > 福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)A系の処理停止について

報道関係各位一斉メール 2014年

福島第一原子力発電所 多核種除去設備(ALPS)A系の処理停止について

平成26年3月27日
東京電力株式会社

 多核種除去設備(ALPS)では、汚染水処理設備にて処理した廃液を用いた試験(ホット試験)を行っており、A系については3月25日午後4時3分に運転を再開し、C系については同日午後4時5分に運転を再開しておりますが、本日(3月27日)午前10時28分、A系のブースターポンプ1(*)の出口側で採取した水が白濁していることを確認しました。

 このため、A系について同日午前10時42分に処理運転から循環待機運転に切り替えを行いました。

 今後、原因などについて調査を行ってまいります。

(*)ブースターポンプ:鉄共沈処理(有機物の除去、α核種の除去)や炭酸塩
   沈殿処理などをした水を吸着塔へ送るポンプ

 <参考>
 多核種除去設備の系統図は、下記資料の48ページをご参照ください。
 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/l140218_03-j.pdf

 

以 上

 

 

 

 


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします