トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 多核種除去設備(ALPS)C系におけるRO濃縮水の受入・処理の計画的な中断について

報道関係各位一斉メール 2013年

多核種除去設備(ALPS)C系におけるRO濃縮水の受入・処理の計画的な中断について

平成25年10月4日
東京電力株式会社

 本日(10月4日)午前6時43分頃、「工程異常」の警報が発生して停止した多核種除去設備(ALPS)C系につきましては、原因調査および再発防止対策を検討し、暫定対策を実施したことから、同日午後6時31分、C系を起動しました。(お知らせ済み)

 今後、多核種除去設備(ALPS)A系の処理再開に向けて、A系の吸着材を交換する際に排出される廃液をC系バッチ処理タンクで受け入れることから、10月5日から8日にかけて、C系によるRO濃縮水の受入・処理を一時的に中断(※)する予定です。

 ※多核種除去設備(ALPS)C系の運転状態を循環待機状態にするもので、C系の設備が停止するものではありません。

 今後、多核種除去設備(ALPS)A系の吸着材の交換が終了次第、C系によるRO濃縮水の受入・処理を再開する予定です。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします