トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所第二セシウム吸着装置(サリー)の警報発生について(続報)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所第二セシウム吸着装置(サリー)の警報発生について(続報)

平成25年8月10日
東京電力株式会社

 第二セシウム吸着装置(サリー)については運転中のところ、本日(8月10日)午後2時22分頃、「ブースターポンプ停止/漏えい検知」の警報が発生したことの続報です。

 現場状況を確認したところ、ブースターポンプ運転状態には異常はありませんでしたが、吸着塔エリアの漏えい検知器周辺に水溜まりが確認されました。

 吸着塔および配管類に結露が見られ、当該結露水は漏えい検知器に達しており、溜まり水の放射線量率は周辺放射線量率(バックグラウンド)と同レベルであったことから、溜まり水は結露水であると判断しました。

 今後、溜まり水の拭き取り等を行います。

 なお、サリーの運転状態(流量、圧力等)に異常はありません。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします