トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報22)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報22)

平成25年7月28日
東京電力株式会社

 福島第一原子力発電所1~4号機タービン建屋東側観測孔においてトリチウムおよびストロンチウムが高い値で検出されたことについて、その後の状況についての続報です。

 本日(7月28日)、海側トレンチ内高濃度汚染水の汚染源の特定などの調査の一環として、新たに観測孔を設置した2号機取水電源ケーブルトレンチ(B1-1:海水配管基礎部)より7月26日に採取した水のトリチウムの測定結果が以下の通りとりまとまったことからお知らせします。

 2号機取水電源ケーブルトレンチ(B1-1:海水配管基礎部)の測定結果は、新たな観測点であり、直接比較できるものはありませんが、7月17日に採取した近傍の取水電源ケーブルトレンチ(B2)と比較して、高い放射能濃度が確認されています。

 <B1-1:2号機取水電源ケーブルトレンチ(海水配管基礎部)>
 ・7月26日採取分:トリチウム  870万 Bq/L(8,700 Bq/cm3)(新規)
                    塩素濃度   8,000 ppm(お知らせ済み)
          セシウム134  7億5千万 Bq/L(75万 Bq/cm3)(お知らせ済み)
          セシウム137 16億 Bq/L(160万 Bq/cm3)(お知らせ済み)
          全ベータ     7億5千万 Bq/L(75万 Bq/cm3)(お知らせ済み)

 <B2:2号機取水電源ケーブルトレンチ>(お知らせ済み)
 ・7月17日採取分:トリチウム  12万 Bq/L(120 Bq/cm3)
          塩素濃度   70 ppm
          セシウム134 1200万 Bq/L(1万2千 Bq/cm3)
          セシウム137 2400万 Bq/L(2万4千 Bq/cm3)
          全ベータ   2300万 Bq/L(2万3千 Bq/cm3)

 <平成23年4月の2号機取水口スクリーン付近から漏えいした汚染水の性状>
          セシウム134 18億 Bq/L(180万 Bq/cm3)
          セシウム137 18億 Bq/L(180万 Bq/cm3)
 
 引き続き、他の箇所の追加ボーリングの結果や港湾内や放水口などの海水の分析結果を踏まえて、総合的に監視を強化してまいります。また、護岸の地盤改良工事を継続するとともに、今後、2号機取水電源ケーブルトレンチ内の汚染水の移送、閉塞および海水配管トレンチ内の汚染水の浄化など汚染拡大防止対策を鋭意進めてまいります。

 サンプリングの結果については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
  URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html 

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします