トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報8:再訂正)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所における港湾内海水のトリチウム測定結果について(続報8:再訂正)

平成25年7月9日
東京電力株式会社

続報8の一部訂正におきまして「地下水観測孔No.1-2のの測定結果の過去最大値について誤り」がある旨記載しておりましたが、正しくは「地下水観測孔No.2の測定結果の過去最大値について誤り」でしたので、お詫びして再度訂正させていただきます。

<続報8について訂正した内容を以下に記載させていただきます。>
--------------------------------------------------------
 福島第一原子力発電所1~4号機タービン建屋東側観測孔においてトリチウム及びストロンチウムが高い値で検出されたことについて、その後の状況についての続報です。

 地下水観測孔No.1、地下水観測孔No.1-1(地下水観測孔No.1の東側(海側))、地下水観測孔No.1-2(地下水観測孔No.1の南側)および地下水観測孔No.2について昨日(7月8日)採取したガンマ核種および全ベータの測定結果が取りまとまったことから、お知らせいたします。

 その結果、地下水観測孔No.1-2のセシウム134、セシウム137、および地下水観測孔No.2の全ベータについて、それぞれ至近の分析値と比較して高い値で検出されております。

 地下水観測孔No.1-2の測定結果については、セシウム134が9,000Bq/L、セシウム137が18,000Bq/Lと過去最大値(7月5日採取分:セシウム134が99Bq/L、セシウム137が210Bq/L)よりも高い値が検出されました。また、地下水観測孔No.2の測定結果については、全ベータが1,700Bq/Lと過去最大値(7月1日採取分:260Bq/L)よりも高い値が検出されました。

 その他の測定結果については、前回と比較して大きな変動はありませんでした。

 今後、当該箇所のトリチウムの測定結果につきましても、取りまとまり次第、お知らせいたします。

 引き続き、護岸の地盤改良工事などの汚染拡大防止対策を鋭意進めてまいるとともに現在掘削中の他の箇所の追加ボーリングの結果や港湾内や放水口などの海水の分析結果を踏まえて総合的に監視を強化してまいります。


 <地下水観測孔No.1-2>
 ・7月8日採取分:セシウム134 9,000 Bq/L
          セシウム137 18,000 Bq/L
          全ベータ 890,000 Bq/L
 ・7月5日採取分(お知らせ済み):
          セシウム134 99 Bq/L
          セシウム137 210 Bq/L
          全ベータ 900,000 Bq/L

 <地下水観測孔No.2>
 ・7月8日採取分:セシウム134 ND(0.49 Bq/L)
          セシウム137 0.74 Bq/L
          全ベータ 1,700 Bq/L
 ・7月4日採取分(お知らせ済み):
          セシウム134 ND(0.39 Bq/L)
          セシウム137 ND(0.46 Bq/L)
          全ベータ 93 Bq/L

 サンプリングの結果については、当社ホームページに掲載しておりますので、ご参照願います。
  URL:http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/smp/index-j.html

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします