トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > 福島第一原子力発電所地下貯水槽からの水漏れについて(続報50)

報道関係各位一斉メール 2013年

福島第一原子力発電所地下貯水槽からの水漏れについて(続報50)

平成25年4月13日
東京電力株式会社

 4月5日以降お知らせしております、地下貯水槽の状況についての続報です。

 地下貯水槽から漏えい検知孔内に漏えいした水の拡散防止策について、本日(4月13日)の作業状況をお知らせいたします。

・地下貯水槽No.1:
 本日仮設ポンプを2回起動し、漏えい検知孔内(北東側・南西側)の漏えい水を当該地下貯水槽内へ戻しました。

・地下貯水槽No.2:
 本日仮設ポンプを1回起動し、漏えい検知孔内(北東側・南西側)の漏えい水を当該地下貯水槽内へ戻しました。

・地下貯水槽No.3:
 本日仮設ポンプを1回起動し、漏えい検知孔内(北東側・南西側)の漏えい水を当該地下貯水槽内へ戻しました。

 なお、地下貯水槽No.3漏えい検知孔水(北東側)については仮設ポンプを15分間連続で運転しましたが、くみ上げが終了しなかったため、ポンプを手動で停止しております。これについて当該地点で採取した水を分析しましたが、前日の分析結果と比較して大きな変動はありませんでした。

・地下貯水槽No.3の漏えい検知孔水(北東側)
 4月13日午前9時45分サンプリング実施
 塩素濃度:10ppm(お知らせ済み)
 全ベータ:5.8×10-2 Bq/cm3
  (ご参考)4月12日午前10時30分サンプリング実施
       塩素濃度:8ppm
       全ベータ:1.6×10-2 Bq/cm3

 地下貯水槽No.1~3については、明日以降毎日漏えい水の採取に合わせて仮設ポンプを起動し、漏えい検知孔内の漏えい水を当該地下貯水槽内へ戻す処置を実施する予定です。

 地下貯水槽No.3からNo.6へ本設設備により移送しておりますが、4月14日に移送計画量を満足することから移送を停止する予定です。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします