トップページ > リリース・お知らせ一覧 > 報道関係各位一斉メール > 2013年 > ほう酸水注入設備タンクヒータのケーブル変色および端子台の焦げ跡確認について

報道関係各位一斉メール 2013年

ほう酸水注入設備タンクヒータのケーブル変色および端子台の焦げ跡確認について

平成25年4月5日
東京電力株式会社

 平成25年4月5日午後0時55分頃、ほう酸水注入設備(※)タンクAのNo.2ヒータのケーブルの変色および端子台の焦げ跡を発見しました。
 ほう酸水タンクAのほう酸水温度制御は、No.2ヒータで行っていましたが、今後、タンクAのNo.1ヒータに切り替えて、当該ヒータ用ケーブルの状態確認(絶縁抵抗測定等)を行う予定です。
 現在のほう酸水温度は約15℃であり、運転上の制限値(ほう酸水溶解度に対するほう酸水温度)4℃に対し、十分余裕があります。
 現在、ほう酸水温度の監視を強化しております。
 本件については同日午後1時5分に消防へ連絡しております。
 本件について新たな状況が判明次第、お知らせ致します。

※ほう酸水注入設備
 ほう酸は中性子を吸収する能力を持っており、原子炉圧力容器内あるいは原子炉格納容器内に存在する燃料デブリが再臨界または再臨界の可能性がある場合に、未臨界にする、または再臨界を防止するために注入する設備。溶けているほう酸が析出しないようヒータで温めている。 なお、万が一の場合に備えて待機している設備で、通常原子炉冷却に使用している設備ではない。ほう酸水注入設備タンクは、高台炉注水ポンプ脇に2基設置している。

以 上


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします