プレスリリース 2011年

水力発電所「虎王発電所」の運転開始について

                             平成23年11月25日
                             東京電力株式会社

 当社は、本日、群馬県多野郡上野村[たのぐんうえのむら]において、水力発電
所「虎王[とらおう]発電所」の運転を開始いたしました。

 当発電所は、揚水発電所のダム上流の河川から取水し、調整池を迂回する水路を
活用した当社として初めての水路式水力発電所となります。
 具体的には、利根川水系神流川[とねがわすいけいかんながわ](一級河川)に
ある、神流川[かんながわ]発電所(揚水式水力発電所)の下部ダム(上野ダム)
上流の河川から取水し、約101mの有効落差を利用して発電する最大出力270kWの発
電所で、平成23年4月に建設工事を開始し、このたび完成したものです。

 なお、当発電所の発電電力量は、年間約160万kWh(一般家庭約440世帯分の年間
電力需要に相当)、これによるCO2削減量は年間約540トン(一般家庭約110世帯
の年間CO2排出量に相当)を見込んでおります。

 当社は、引き続き、電力の安定供給に努めるとともに、水力発電を含む再生可能
エネルギーの利用拡大に取り組んでまいります。

                                  以 上

添付資料
・別紙:水力発電所「虎王発電所」の概要(PDF 191KB)




ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします