トップページ > 安定供給を支える電力設備 > 原子力発電について > 福島第二原子力発電所 > 各号炉の原子炉水温度・使用済燃料プール水温度

各号炉の原子炉水温度・使用済燃料プール水温度

福島第二原子力発電所 各号炉の原子炉水温度、使用済燃料プール水温度について、お知らせいたします。

1.原子炉水温度

  • 4号炉は、2012年10月24日までに、原子炉内の全燃料(計764体)の取出しを完了しています。
  • 2号炉は、2013年10月16日までに、原子炉内の全燃料(計764体)の取出しを完了しています。
  • 1号炉は、2014年7月10日までに、原子炉内の全燃料(計764体)の取出しを完了しています。
  • 3号炉は、2015年3月24日までに、原子炉内の全燃料(計764体)の取出しを完了しています。

2.使用済燃料プール水温度

  • 1~4号炉の使用済燃料プールは、水温を摂氏65度以下に保つよう、燃料プール浄化系にて冷却を行っています。
  • 3,4号炉使用済燃料プール冷却停止時における温度上昇確認について(PDF 755KB)PDF
  • ※冷却停止に伴い、この期間(3号炉:2022年1月5日~1月11日、4号炉:2022年3月1日~3月23日)で使用済燃料プール冷却浄化系の冷却を停止いたします。なお、2号炉における温度上昇確認の知見を踏まえ、使用済燃料プール水温を50℃以上に上昇できることを確認したため、確認終了温度を50℃から安定水温(58℃上限)まで延長し実施いたします。使用済燃料の安全性に問題はございません。確認が終わり次第、燃料プール浄化系による使用済燃料プールの冷却を再開いたします。  

     

     

     

  • ※評価曲線は、使用済燃料プール水温は初期温度28℃、使用済燃料プール設置エリア室温を15℃一定として評価した場合の参考値となります。  

     

  • ※使用済燃料プールエリア室温が15℃より高い場合には、参考の評価曲線よりも実温が高くなることがあります。  
  • ※使用済燃料プールエリア室温と使用済燃料プール水温の差が大きいほど、水温の上昇は緩やかとなります。  
  • ※今回の温度上昇確認結果については、後日まとめてお知らせいたします。  
  • ※3号炉の温度上昇確認については、2022年1月5日より実施しておりましたが、本日(1月11日)、終了判断基準の「使用済燃料プールエリアにおける湿度90%」を超過したため、同日午前11時3分、温度上昇確認を終了することといたしました。なお、同日午後0時39分、使用済燃料プール冷却浄化系による冷却を再開しております。  

 


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerのダウンロード新しいウィンドウで開く


ページの先頭へ戻ります

公式アカウント:
  • 東京電力 公式Twitterアカウントのご案内ページへリンクします
  • facebook公式アカウントサイトへリンクします
  • Instagram公式アカウントサイトへリンクします
  • youtube公式アカウントサイトへリンクします